2009年05月13日

マネージド・フューチャーズで資産4分法

資産三分法ってご存知ですよね?

証券(株など)
不動産
商品(金など)

に資産を分散して運用するという昔ながらの考え方です。

これは株式ファンド、不動産ファンド(リート)、コモディティと

ファンドだけでも分散する時の基準にできると思います。

ここで、

マネージド・フューチャーズで資産4分法というのはどうか?(笑)

マネージド・フューチャーズは、いろいろな市場で取引をし、

また、市場の動向との相関性が比較的低い。

そして運用の殆どをコンピュータ任せ。

資産3分法の要素とは、性質がすこし違うとは言えるかもしれません。

マネージド・フューチャーズ系のファンド会社は、しきりに、

伝統的な投資手法だけではだめだ、MFを組み入れれば

収益効果がUPすると言っています。

マンのヘッジファンドなどこの20年ほどその実績は証明されています。

しかし、後20年後の実績が保証されている訳ではないです。

どうでしょうか? 

マネージド・フューチャーズが100年ほど実績をつめば、

資産4分法となるかも!?

そして更なる日本円がオフショア地域に流れる…。


応援クリックいただけると、とても嬉しいで〜す♪
↓↓↓
人気投資ランキング


posted by オフショア投資実践中のボブ at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボブのオフショア投資認識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。