2008年04月16日

為替リスク

オフショア投資は外貨建てですので為替リスクを考える必要があります。
一応為替リスクを説明しますと、例えば、
100ドルのオフショア金融商品を、1ドル=100円の相場で買ったとします。
この時の投資額は10000円です。その後相場が1ドル80円になり、
この時のその商品の価値は、8000円になってします。20%の減益です。
(その商品の価値が仮に100ドルのままだと考えています)
つまり、オフショア投資には為替によるリスクがあるのです。
では、日本内で投資すると安全かと言うとそうではありません。
単純に言うと日本円が紙切れになったらあなたの資産も紙切れ同然になります。
(個人的には日本が破綻するとは考えていませんが…笑)

結果的に、いろんな通貨を持っておくことが一つの対応策になります。
オフショア投資もいろんな通貨で投資することでリスクを分散できます。
ボブはほとんどドル建てですが…。がく〜(落胆した顔)

ドルコスト平均法も為替に対応する為の手段になりうると考えます。
例えば、1ドル100円で投資を開始した場合、相場が1ドル120円になったり、90円になったり
どんなに変動しようとも買い付けます。120円の時は、20%UPになりますが、
買えるファンドのユニット数が100円のときより少なくなります。 
90円の為替相場場合、10%減益です。しかし10%多くユニット数を買い付けることになります。
(今回も話を単純にするためファンドの価値は一定の前提です)
ドルコスト平均法は、長期的にやれば為替のリスクが平均化されるのです。

ファンドを売るときにはそのファンドを買った通貨の銀行口座が必要でしょう。
例えばドル建てのファンドを売った場合ドル建ての銀行口座へ一旦いれておきます。
こうすることで、自分が売りたい為替相場に近づいたときに円に買えることができます。
相場が変わってくれればですが…。

応援クリックいただけると、とても嬉しいで〜す♪
↓↓↓
人気投資ランキング


posted by オフショア投資実践中のボブ at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替リスク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。